水漏れのチェック・修理の必要性

水漏れのチェック・修理の必要性 水道代を見てみると、何か高いと思ったことはありませんか?そんなに水を使っているつもりはないけれども水道料金が高いと思ったのであれば、水漏れの起きている可能性もあります。修理をする必要がありますが、まずは実際に水漏れは起きているのか、その場所はどこなのかを探すことが優先です。では具体的にどのように水漏れのチェックをすればいいのでしょうか?




■水道メーターをのチェックをしよう

水道代が高いと感じたらメーターを見に行ってみましょう。水道メーターを見ると、水道の使用量を確認できます。「水道メーターといわれてもどこにあるかわからない」このような人もいるでしょう。その場合、たいていの住宅では玄関先もしくは駐車場に設置されているはずです。地中に埋め込まれていることが多く、黒や白、ブルーのふたのようなものが見つかりませんか?このふたを開けるとメーターが見えてくるはずです。これが水道メーターになります。
一戸建てやアパートの場合、駐車場もしくは玄関先にあることが多いです。しかし高さのあるマンションの場合、廊下や玄関のところに設置されています。電気やガスメーターと一緒に設置されていることが多いので見つかりやすいでしょう。もし複数のメーターの取り付けられている場合、一番下にあるのが水道メーターと思ってもらえばいいでしょう。

■水道メーターの見方はどうすればいいか?
水道メーターの場所が分かったのであれば、水道の使用量を確認しましょう。もし前回の水道料金の請求書があると、そこに書かれている数字をメーターに書かれている数字から差し引けば今までの使用量がわかります。水漏れが起きているかどうか確認する方法として、自宅の中にある水道の蛇口を全て閉めておきましょう。水道メーターを見てみると、円盤のようなものが回っている個所はありませんか?これをパイロットといって、水を使用しているとクルクル回って、使っていないときには止まっているはずです。もし水道の蛇口全部閉めているにもかかわらず、パイロットがクルクル回り続けているようでしたら、水漏れが発生していることが考えられます。そのままにしていると、無駄に水道料金をどんどん取られてしまいます。どこで問題が発生しているのかを特定して、速やかに修理をすることが重要です。

■早めに修理することの必要性

上で紹介したチェック方法で、どうやら水漏れが起きているようであれば、速やかに修理業者を呼んで作業依頼したほうがいいでしょう。というのもそのままの状態で放置していると、二次被害を引き起こす可能性があるからです。簡単に言ってしまうと、皆さんの自宅の劣化がどんどん進んでしまいます。まず水の漏れている個所は湿気がどんどんたまっていきますから、カビが生えやすくなります。するとシロアリが集まってきやすくなります。シロアリやカビが集まってくると、木材を食い散らかされてどんどん腐ってしまいます。その結果、住宅の強度がダウンしてしまって劣化を進めてしまうわけです。また地盤に水が漏れ出ているのであれば、それによって土の流出を進めてしまう可能性もあります。その結果、地盤沈下を起こして、家の傾きなどを引き起こす恐れも出てきます。
集合住宅の場合、下の階の雨漏りなどで天井に被害を与えるかもしれません。水を含んだ壁や床などにカビの発生する危険性もあります。ですから階下の住民に迷惑をかけるわけで、早めに対処を講じる必要があります。

■まとめ
「今までと同じような使い方をしているのに水道料金がここ数か月上がっている」このように思うことがあるのであれば、水漏れの起きている可能性が考えられます。早めに対処しないと上で紹介したような二次被害を招くこともあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース